THOM BROWNE トム・ブラウン

おさらい。USだと下火らしい噂を聞くんだけど、どうなんだろう。日本だと上代が高過ぎる感じ。ガムブルーもやってるけど、Moncler的なポジションよね。アイコンの作り方も。

ブランドのはじまり
2001年、トム ブラウンが自身の名を冠したブランド「トム ブラウン ニューヨーク(THOM BROWNE. NEW YORK)」を設立

トム ブラウン ニューヨークについて
トム ブラウン ニューヨーク(THOM BROWNE. NEW YORK)はアメリカ、ニューヨークのファッションブランド。

創業者でありデザイナーのデザイナートム・ブラウン(Thom Browne)は、1965年、アメリカのペンシルバニア州生まれ。インディアナ州ノートルダム大学で経営学を学ぶ。

卒業後はロサンゼルスに移って俳優として活動をする。俳優としては満足に活躍できずに、ニューヨークに移って複数のファッションブランドで勤務。アルマーニのショールームで販売員の仕事に就いたこともあった。

その後、ラルフ ローレンが展開するブランド、Club Monacoにてデザインを経験。ここでは数年にわたって勤務するが、ローレンとともに働く機会を得たことは貴重な経験だった。

2001年に自身の名を冠したブランド「トムブラウン」をスタート。アイテムもスーツ、ニット、ネクタイ、アクセサリーとメンズウェアの中で徐々に範囲を広げていく。

2004A/Wニューヨークコレクションにて初めてプレタポルテに参加。ここからトム ブラウンは一気にブレイク、ファッションのあらゆる賞を総なめにする。2005年、「Fashon Group Inernationl」のライジングスターアワード、メンズ部門賞、2006年、CFDAメンズデザイナーオブザイヤーなど数々の賞を受賞した。

トム ブラウンのファッションの特徴は50年代後半~60年代前半のスタイルと繋がりがある。このアメリカの黄金時代と言える時期のファッションスタイルにインスピレーションを受けたブラウンのコレクションが、アメトラ(アメリカントラディショナル)をベースにした、カジュアルではない、ややゆったりとしたドレススーツスタイル。各国で爆発的に受け入れられた。

2007A/Wコレクションから、ブルックスブラザーズとのコラボレーションで新ライン「ブラックフリース」を発表。トム ブラウンはメンズ、レディースともにデザインを担当。これはブルックスブラザーズにとっても初めてのデザイナーとのコラボレーションで記念すべきものだった。その他メンズジュエリーで、ハリー ウィンストンとのコラボレーションも行う。

2008年、モンクレールの新ラインのデザイナーに就任。ブランド名はフランス語で青ラインを意味する「Gamme Bleu(ガム ブルー)」で赤いラインを意味するガム ルージュのメンズ版となる。2009年、日本の岡山を拠点とする企業、クロスカンパニーより出資を受け、グループに入る。

2010S/Sシーズンより、新ライン「赤・白・青(red/white/blue)」をスタートすることを発表。

2013年、東京・青山にニューヨークに次いで2店舗目、アメリカ国外では初の旗艦店をオープン。

※アメトラとは…アメリカの東部で培われたファッションでアイビールックや、アイビーリーグモデルのスーツ(ジャケットが肩パットをあまり使わないナチュラルショルダーでずん胴型のシルエットなど)でアメリカの正統的なファッションといわれる。50年代半ば~60年代の映画に良くあるスタイル。靴ではバーカーブラックなどトムブラウンのブランド出身のデザイナーが設立したブランドが注目を集めいている。

シャツを1枚持ってる程度です。わたしは。