インターネットなるもの

ネット通販「アイルミネ」は24時間開催!

「リアル店舗」には「営業時間」が存在していて、いや、コンビニはいつでも開いているけれどもルミネはいつでも開いているわけではなくて、でも「ネット通販」はいつでも開いていますよ、と。そういう訴求ってかつて死ぬほどされたけど、2018年にされるとそこはかとない違和感とともに変な感情をくすぐられる。あと、「iモード」から続く「インターネット的なものに”アイ”とつけてみる作法」も取り入れられていて、合わせ技一本的なものも感じる。単一なるインターネットなるものは存在しない。これが「マス的なインターネット」なのかもしれない。