#38 2018振り返り

去年の今頃、こんな感じに書いたわけです。

2018年意識すべきこと

あと7か月と4日で40歳になるわけですが、そんなおっさんになって分かることは「人間はたった1年では大したことを成し遂げることはできない」ということと「それでも誠実に物事に取り組むと何らかの進歩は獲得できる」ということです。なので、多くを望まず、誠実に、着実に、やれることをやっていこうと。具体的には、
・家事育児のクオリティを更に上げる(仕組み化)
・健康をマネジメントする習慣の構築(運動と食事)
・仕事は「先行逃げ切り」「後手回避」
・長期的視点に立った家族の計画(特に資金計画)
・文化度の回復(いくらなんでもヤバすぎる)

http://blog.tdfshnd.com/2018/01/04/20172018/

ひとつひとつ見ていきましょうね。

・家事育児のクオリティを更に上げる(仕組み化)
→△
→結果的にはクオリティが上がったものの、仕組み化しきれたかと言うとそこまでは言い切れず。ゴールもなければ正解もないのが難しいところなんだけど、でも、まあ、ちょっと「見えて」きた1年だった。

・健康をマネジメントする習慣の構築(運動と食事)
→×→△
→仕事で関わったみなさまには大変申し訳ない発言なのだけど、総じて体調が良くない1年だった。内科的にも外科的にも。来年はコンディショニングに相当気を使おうと心から思う。健康な自分をベースにあらゆることを見積もるしか無いはずなので、健康でいるしかない、という。「→△」なのは年末にかけて意識と行動を変えつつあること。

・仕事は「先行逃げ切り」「後手回避」
→×
→笑っちゃうくらいの×。いっつもヒーヒー言ってる。このまま40歳を終えるのはいくらなんでもいろいろまずいのでふんばろうと思いました。

・長期的視点に立った家族の計画(特に資金計画)
→△
→計画を立てたことに価値はあったが、それ以上に非常事態的な状況が自分を襲う結果になっており、一方で資金計画はそれなりのペースで来ているのでよいかしら、と。来年は早期に根本的な解決を狙おうと思います。

・文化度の回復(いくらなんでもヤバすぎる)
→×
→残念ながらダメでした。踏ん張ることさえ出来ず。退化したなあ。

まあ、そういうことを踏まえて、2019どうするかを懲りずにこのあと考えて書きたいと思っております。△/△/×/△/×。