#35 タイムドーム明石

画像は http://www.city.chuo.lg.jp/bunka/timedomeakashi/ より。

自宅からバスと徒歩で30分程。その関西感あふれるネーミングに惑わされず辿り着くとそこは子どもと子連れと、そして疲れ切ったビジネスパースンのための憩いの場であった。毎週土曜日の1030からは「親子でプラネタリウム」続けて1130から「ドラえもん 宇宙ふしぎ大探検2」のコンボで大満足の半日完了。平日昼間は「リフレッシュプラネタリウム」なるイベントも開催中。すべて無料。納税バンザイ。


#33 このブログを書くこと

だいたい起きてから掃除とか洗い物とかして、野菜ジュースを片手にPCに向かって、一息ついたあたりでこのブログを書き始めている。意識的にネタを集めているわけでもないのですぐに「これについて書くぞ!」と思い浮かばないのだけど、でも、自分の身の回りにあるもの、起きた出来事の中から好ましいものを思い返して、選んで、その理由を掘り下げることから1日が始まる、というのはそもそも結構セラピー的なと言うか、ラジオ体操的な、というか、そういう意味があるんじゃないかとすら思い始めた。のでみんなやるといい、というのがこの記事の趣旨です。推奨。


#16 毎日書くこと

このブログは一応「自分が好きなことを記録すること」を目的に解説されており、それなりに気の利いた文章を書こうとしているわけですが(でしがた)、そういうことをやっている限り「毎日書くこと」が担保できないことによる損失のほうがだいぶ大きいことにようやく気づいたので、校正校閲など気にせずにガリガリ行こうと思います。ガリガリく〜ん!


#15 「あなたは何についてどう思うのか」

インターネットがみんなのものになって、発信に「みんながどう思うのか」「みんなにどう思われるのか」っていうバイアスが強くかかりすぎていると思う。NewsPicks的な世界観と対極にあるような、1日5PVくらいのブログに書かれたまとまりのない文章がとても好きで、それは「明らかになっている論点に対するそれらしい批判」ではなくて、「それを論点とするのが正しいかどうかすらもおぼろげな論点に対する、それらしいかどうかもわからない愛情」だからだろうと思う。インターネットは民主主義的かもしれないが、多数決を民主主義として捉えているとしたらインターネットの面白さを99%くらい捨てていると思う。これからもそういうコンテンツと出会っていくためにネットサーフィンしたいし、このブログもそういうもののひとつとして、この世界に存在し続けたいと思う。


#14 豊かさ(とは)

珍しく日記的というか、そういうことなのだけど、ゴールデンウィーク直前の最後の営業日となる金曜日(昨日)。プレゼンが3本あった。2勝1敗か1勝2分くらいで乗り切れるといいな(ピッチではないです)、なんて甘い見込みでいたら、1勝1分1敗だった。あかんやん、と。で、その「1敗」によって(それと、1敗後にあったふたつの打ち合わせによって)、「働くことの目的とは何なんだろうか」と考えはじめることになった。正確には、ちょっと前から考えていたことが顕在化した、というのが正確か。

「仕事」は「受験勉強」と同程度に成果を出すための方程式が明確で(個人の感想です)、基本的には投下時間に比例して成果や評価、評判が上がっていくことになる。一方で、人生には方程式など(多分。私が知る限り)ない。しかし、人として生まれた以上は文字通りその「人生」を生きなければならない。で、そういう方程式のない領域を逃げてきたがゆえに仕事にコミットできていたのだけど、あれ、これでいいのかしら、と。

自分の人生は自分にしか生きられないし、自分の人生を豊かにするのはきっと「方程式」みたいなものの外にある何かなのだろうと思う(もちろん、私個人に課題意識に即して考えた場合には、「方程式」領域でやりきれておらず、かつ、やれば豊かさが増す領域はある。それやれよ、って話なんだけど、あ、これが「仕事中毒」ってやつなんだなぁ、なんて)。

というわけで、「豊かさ」への投資を、今年はがんばらないとな、と。それを好きだといえるように。