インターネットなるもの

ネット通販「アイルミネ」は24時間開催!

「リアル店舗」には「営業時間」が存在していて、いや、コンビニはいつでも開いているけれどもルミネはいつでも開いているわけではなくて、でも「ネット通販」はいつでも開いていますよ、と。そういう訴求ってかつて死ぬほどされたけど、2018年にされるとそこはかとない違和感とともに変な感情をくすぐられる。あと、「iモード」から続く「インターネット的なものに”アイ”とつけてみる作法」も取り入れられていて、合わせ技一本的なものも感じる。単一なるインターネットなるものは存在しない。これが「マス的なインターネット」なのかもしれない。


20172018

20から始まる8桁の数字を書くと20471120を思い出す今日このごろ。あと29年か。生きているかしら。さて、誰に求められているわけでもありませんが、年始ということもあり、2017/2018について整理しておこうと思います。来年見て「うわー」となるためにも。

Read More


39 → 40

2017年が2018年、というよりもこのままいくとあと7か月と少しで40歳を迎えることに「うわっ」となっていまして、で、40といえば「不惑」なわけですが、そういう感じにするべく年末年始もいろいろと準備を進めております。今年もみなさま、よろしくお願いいたします。


#9 清原果耶と、サヨナラCOLOR

で、こうなりました。たくさんの方に見ていただけますように。
http://www.dhw.ac.jp/jibun/

大学受験という、人生の岐路に立つあなたへ。
あなたは、自分を生きていますか?
あなたは、「みんな」を生きていないですか?

「みんな」は楽しいです。
それに、なにしろラクチンです。
みんながそうしているから、
わたしも。みんながそこにいくから、ぼくも。
みんなが。みんなが。だって、みんなが。

何かを自分で決めることは、とても大変なことです。
大学受験なんて、人生の一大イベントだから、なおさら。
自分でない誰かや、何かに、それを委ねてしまいたくなる、
そんな気持ち、痛いほどわかります。

でも。

みんなは、あなたの人生の責任を取ってくれません。
あなたの人生は、あなたにしか創れないのです。
あなたの頭と、あなたの身体で生きていくしかないのです。
だからこそ、きちんと考えて、決めてほしいと思うのです。
みんなで、ではなく自分で。

デジタルハリウッド大学は、ちょっと変わった大学です。
みんな、には選ばれない大学だとわかっています。
でも、だからこそ、デジタルハリウッド大学には、
みんなが、ではなく、自分で決めた先輩たちがたくさんいます。
何よりもその事実を、わたしたちは誇らしく思います。

さあ、

みんなを生きるな。自分を生きよう。


#8 「I・N・G」RIP SLYME

死ぬほど働いていたころ、当時の後輩に「本多さんってこんな感じで働いてますよね」と言われはじめてMVを観て以来、仕事のテーマソングと化した1曲。たむちんはどんな思いでその一言を言ってくれたのかわからないけど(恥ずかしくて聞けなかった)、何気ない一言が、人生に影響することもある。ポジティブに。ということのサンプルにもなっており、大変感謝しております。