#36 普通の人 普通じゃない思い

今の会社に来て、曲がりなりにもたくさんのひとが見る広告、つまり「マス広告」を平気な顔をしてちょこちょこと作るようになった。課題はさまざまで、それ故解決策もさまざまなのだけど、ついつい「著名人(実在でも非実在でも)」に頼ることが多いな、と振り返ってみて思って、ちょっと落ち込んだりしてみる。

著名人に頼るのはいろんな意味で下策で、いや、著名人を使った上で素晴らしいものを作り上げる人も中にはいるのだけど、その人が著名人であることはこの国でしかわからず、著名人が著名人たることにポイントが置かれた企画はグローバルで考えるとほぼ無価値、というのが最大のネガティブポイント。著名人は悪くないですよ。むしろ素晴らしい。

で、普通の広告を平気な顔をして作ることができるようになった(いや、まだまだだけども)ので、今度は著名人じゃなく「普通の人の 普通じゃない思い」を重視して作ろうと思う。ということでようやく表題の件に移ります。

今の会社の今の部署に来てよかったな、と思うことのひとつに、正親さんの存在がある。2度くらいご一緒したことがあるが、とんでもない人である。キリンののどごし夢のドリームとか、今もやってるポカリのとか、そういうやつの人。あと、九州新幹線も。で、どの企画もそうなんだけど、場合によっては著名人が絡むことがあったとしても、それらのほとんどが普通の人にスポットがあたっている。当て方は、「みんなで」だったり「ある個人」だったりいろいろだけど、その共通点がほぼぶれてなくて、ほんとうに素晴らしいと思う。と同時に「こういうことがしたいんだな」と改めて思ったりする。

自分自身が何の変哲もない普通の人間だ、と思っていることも影響しているんだろうけど、自分自身のような(というと失礼かもしれないけど)何の取り柄もない、フツーに見える人の、パッと見るだけでは見過ごしてしまいそうなストーリーを紡いで、フツーに見えるからこそたくさんの人に共感してもらえる、そんな考えかたでこれからの仕事人生を過ごしてまいりたいと思います。まあ、「いわゆるクリエーティブ」をいつまでやるかわからないけども。

というわけで、とにもかくにも「ノンタレ縛り」から。