#43 家を買ったので記録を残しておこうと思う。

いきなりだけど、家を買うという行為はその(例えば住宅ローンを契約するその、や、鍵の引き渡しを受ける、その)瞬間に何かが終わったりあるいは始まったりする感覚はあまりなく、冷静に考えるとあと数十年も返済を続けなければいけない膨大な借金を背負ったけど、それは賃貸生活でもあまり変わらないことだし、今わたしは一時的にめちゃめちゃお金がなくて困っているけど、それでもまあ、明日もごはんは食べるだろうし、なんというか、賃貸ではなく売買したことは、劇的なスタートでもなんでもなく、でも「この家を育てていこう」みたいな心境になっているのが人生初、という感じ。

賃貸でもそりゃ、家具を整えたりしてある意味自分好みに育てていく、みたいなことはしていたけど、買ってみてはじめて「自分の責任によって誰かに売るんだろうな」ということを意識したからなのと思われる。自分で暮らす分には、あるいは誰かが最終的には原状回復する分には、育てるもクソもない。いつかリセットされることが決まっているものにそこまで「育てる」みたいなことを意識しても仕方がないし。

で、部屋、めちゃめちゃ高いにもかかわらず、住みやすさと、いつか売却するときのことのバランスを考えながら、いきなりリフォームした。めちゃ高い金で買ったものを、それなりに高い金を出してぶっ壊す感じとか、うっわ、って思って楽しく見てた。あと、家はかんたんに壊れないけど、部屋は割とかんたんに壊れることを学んだ。普通に生活していてもなかなかお目にかかれないアレヤコレヤにアクセスできたのも売買のおかげか。賃貸だと床剥がしたり天井ぶっ壊したりできないもんな。

そんなわけで今日から部屋を育成するという新しく楽しいタスクを背負ったので、適度にやっていきたいと思います。