#51 QOLを高めるもの

一般論では語れない。なぜならLは極めて個人的なものだから。「QOL 高める グッズ」が極めてアホくさいクエリであることを認識しよう。Lを他人に預けてどうする。というわけで、わたしの場合はどうだろう、と考えてみる。

Criteria
・毎日目にする、できれば毎日使うものがいい
・しまい込まない、生活動線に存在するものがいい
・しっかりとした材質のものがいい 10年は見込みたい

高ポテンシャルなもの(物理)
・アートピース
・家
・椅子
・照明
・食器(特にグラスみたいな毎日絶対に使うもの)
・仕事周りの一式(今だとMac、iPad、iPhone関連、イヤホンあたり)
・時計
・バッグ
・洋服(日常着)
・下着

高ポテンシャルなもの(非物理)
・定期的に綴り、それが蓄積されること
・運動をする習慣
・仕事を確実に『蓄積するもの」にすること
(Scrapboxに貯めるとか、企画書をスクラップするとか)
・コンテンツを楽しむこと
・外出を楽しむこと

ポイント
物理的なものは入手が容易である
入手が容易なのに入手していない時点で合理的ではない
入手できない理由は「一体わたしは今いくら使っていいのか」を突き詰めて考えられていないから
これはつまり資金計画、もっと言えば人生設計の問題
リスクもすべて算定して、いついくら使える状態なのか(もはや使えないのか、手放すべきなのか)を把握する

必要だけど微妙なもの
・トレーニンググッズ(含ウエア)
 →しないと相対的に価値が下がり続ける…「毎日」に当てはまらないのがポイント
 →ただ、健康な肉体(と精神)以上にQOLを高めるものなど存在しない
 →常にほしいが、なくてもいいものなので、必要性が高まった段階でOK
・飲食物
 →ちゃんとしたものを食べるのは肉体と精神の健康に効くのだが、いかんせん残置しない。
 →記録に残すことで昇華していく