#55 正解、じゃなく

日常生活には「正解らしきもの」があって、あるんだけど、「正解」はあまりない。1+1は2だけれども、1+1みたいな単純な日常生活は存在しない。だから正解を追い求めるととたんに窮屈に暮らすことになるし、窮屈に暮らすことが正解だと思っている人は当然存在しない、そう、パラドックスになる。

で、正解じゃなくて、なんか楽しい、なんかいい感じ、くらいでいいのだと思う。なんで? じゃなくて、まいっか! でいいのだと思う。みんな、考えてたり、考えてなかったり、いろいろあるけど、基本的には自分の人生を必死に生きているわけで、「でもこう考えると、このほうが正しくない?」みたいなのって、超絶無意味な気がしてきた。

ひとりで暮らすならほんとそれでいいし、家族と一緒に暮らすなら、そういうことが許容できる人と暮らすのがいい。それこそが愛情なんじゃね? と思った週末の夜。

あ、あと、仕事になるととたんに正解を探しにいっちゃうけど、正解を追い求めなくていい仕事も作っていかなきゃな、と。正解を出すのが仕事なわたしは思うのでした。