#148 陰の者として

いろいろあって、「検査しなきゃ!」と思い立ち近所のTOMOSへ。棚には検査キットが並んでなくて、でも並んでいた形跡はあって、「おお、これが噂の品切れか…」と絶望しかけたが、「あの、検査キットは…」とバスボムを買うついでに聞いてみたところ「薬剤師から販売しないといけなくて、あちらでお願いします」と丁寧に案内される処方箋カウンター。じっくりと説明を受けた後に1200円で購入。もし陽性だったら1200円払った上に隔離か、トホホだな、とか思いつつも家に帰っていざ開封。セルフで鼻をオリジナル綿棒をつかってぐりぐりし、謎の液体を入れた容器に入れ、いろいろあって5滴を「デバイス」に滴下し15分待機。で、上の画像である。陰!!!!! 1200円どころか12000円払っても手に入れたい安心を獲得した、という話でした。面白かったな検査キット。