Day207 / 最悪だ だがしかし

何の権利があってボサッとサボっていたんだこの50日間、という感じである。季節はめぐり夏になり、いろんなことがあった。その中でも希望は存在するわけで、自分がある部分で「裏方」に徹しようという覚悟ができつつある。今までやってきたのも十分裏方仕事なのだが、それよりももっと、自分以外の人間を活かすことを主担当業務にするというか、自分ががんばる部分は減らさずに、他人にがんばってもらう領域を増やすことで相対的に、みたいな話だけど、そうしない限りはわたしひとりいくらイキっても天井が見えているので、そういう意味でもこの覚悟はいい方向に進むんじゃないかなって。自分が頭の天辺から足の指先まで見ることよりも、テキトー(適切)にディレクションして想像を超えてくることのほうが楽しいじゃんね。あれ、これ加齢?


Day157 土曜日日記

土曜日は結局ポケモンセンタートウキョーベイにいった。Rayは悩んだ挙げ句エコバッグがモンスターボールに入ったガチャガチャ500円に着地し(バッグは開封2秒で興味を失っていたが、モンスターボールのサイズが家にあるやつより大きく、それっぽくてうれしそうだった)、Hannahは初志貫徹でミロカロスのPokemon Fitにしてた。でも昔に比べてFitにキャーキャー言う度合いが減ってきている。これ、もしやポケモンブーム終焉の予兆?

その後寿司たべて(銚子丸)IKEAに移動して、ざざっと。Hannahの習い事の時間があったので早足でウォークスルーして、ソフトクリーム食べて終了。我が家はわたし以外は割と「予定なんてどうでもよくない? 場面でたのしくやろうぜ」タイプなんだけど、わたしは「予定通りビシッと事が進む」ことに快感を感じるタイプで、それはまあビビリだからってことなんだろうけど、この日はビシッとすべてがハマり、カーシェアの返却タイミングも4分前みたいな、申し分のない香盤さばきだったと思う。PMに向いている。

帰宅し、Rayと少し遊び、Hannahが帰ってきてすぐ風呂、出て成城石井とサイゼリヤで買い物をして食べて洗い物して終戦。大切にしていることがしっかり達成されるといい1日になるという象徴的な日だった。


Day156 ひさびさ

なんかほんと久々に「今日あれやらないと死」みたいなもののない土曜日を迎えていて、そりゃそうなれば日記くらい書きますよ、という、さも「何も起きてないですが何か」みたいな顔をしている。今日はポケモンセンタートウキョーベイに行こうかと思っていて、さっき寝ぼけたNaomiさんに聞いたら「いかない」みたいなことを言っていたけど、このところ毎週Rayが「ポケモンセンタートウキョーベイにいきたい」といい続けているのと、あと、事務所開設に合わせてIKEAにいきたいので、行かせていただきたいと思う。ランチ食べて帰ってくるだけだし。実質。

サークルという、今までの枠組みとは違う関係性でデ大生と関わっていて思うのは、いや、あたりまえなんだけど、この人たちは「本業がつくること(を学ぶこと)なんだな」というやつ。法学部にいてデザインやってると、副業感が半端なかったんだけど、デ大の学生にとってはそれがど真ん中で、それはとても素晴らしいことだと思った。その先に実務家がいるっていう仕組みもとてもいい。就職予備校的になってしまいそうなところを、全然就職を推してないのもいい。いや〜、デ大いい学校だな〜。こりゃまだまだのびるわ。


Day137 Mind your own business

ほっといてよ、というよりも、自分自身への投げかけを含めて「おまえがやるべきことをやれよ、まずは」ということがいろんなところで徹底されていないから、自分からちゃんとしましょう、ということで。他人の揉め事に首突っ込んでる場合じゃないんだよな。引いてみたら。


Day133 落ち着く

いろいろ大変で、落ち着きがなくなっている。落ち着きをなくしたところでそれ自体では自体は全く改善に向かわず、ただ、それがわかっているからと言って落ち着きを取り戻せるわけもなく、つまり、やるべきことは、過去にいろいろしんどいことがあったけど、なんだかんだで全て乗り越えて今に至る、今がある、ということ。だから、まあ、すべてのことはなんとかなる、ということだ。もちろんそれに甘んじてサボり倒すわけにも行かないのだけど、でも、こういうときには自分がしたいことをまずはしてみるというのが、何もせずにうううううとなっているよりだいぶマシなので、そうしていこう、ということであります。コーヒーを飲み、キッズと遊ぶ、と。